NEWS
HOME > NEWS > TOMOの一部報道に関しまして
TOMOの一部報道に関しまして
2022/06/15
いつもORβITを応援いただきありがとうございます。

本日公開されたORβITメンバーTOMOの記事についてご説明をさせていただきます。

記事にある女性とのお付き合いが始まったのは、当社がTOMOとの専属契約をする以前の話であり、当社との契約時2020年6月20日時点から2022年5月26日までの間、当社としては相手女性の存在を知らず、5月26日にTOMOからの報告で知ることとなりました。

契約時において女性関係の確認は全メンバーに対して幾度となく行っており、その際も聞かされておりませんでした。

ここまで長い期間を共にしながら、存在に気づけなかったこと、TOMOの心に気づけなかったこと、監督不行き届きであったことを深く反省しております。

TOMOからは女性に対し、再三に渡って別れを告げていたそうですが、その度に命を引き合いに出されるため、メンバーや事務所に迷惑をかけまいと、完全には関係を断ち切ることができなかったと聞いております。

先方からの求婚の話も、お断りするたびに死を仄めかされ、自傷行為を繰り返されたため、落ち着かせるための着地点として約束をせざるをえなかったと言います。

その関係はごく最近まで続き、とにかく命を繋ぎ止めようと、
必死で踏みとどまってくれるようにと相手に求められた言葉を送り続けるしかなかったそうです。

実際にTOMOをご存知の皆さまにはご説明をする必要はありませんが、
TOMOは優しい心の持ち主で、そして人一倍責任感が強い人間です。

たった1人で問題に向き合わせてしまったことを、当事務所としては、ファンの皆さまに対してもTOMOに対しても大変情けなく、申し訳ない気持ちでいっぱいです。

事務所内外にいるたくさんのスタッフの誰にも相談できない環境にしてしまっていた私どもの責任はとても大きく、深いものだと受け止めております。

今後はこれまで以上に所属アーティストをしっかりと支えると同時に、しっかりと寄り添い、アーティストが100%の心と力で皆さまに音楽とエンターテイメントをお届けできる環境を作るようスタッフ一同、精進していく所存です。

また編集部に対して全ての質問に誠実にご回答させていただきましたが、結果、相手女性からの一方的な情報を抽出した記事を出されたことに対しては大変残念に思っております。

このような記事が出るきっかけを作ってしまったことに現在本人は憔悴しきっており、非常に深く反省しております。TOMOを支え、守るため当社といたしましては相手女性に対して法的手段を取り、現在手続き中です。

近日中にTOMO本人からの声明も改めて発表させていただきます。

この度はご心配をおかけしてしまい大変申し訳ございませんでした。

2022年6月15日 DREAM PASSPORT 株式会社

<Previous

Back

Next>